スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「近代法における債権の優越的地位」

「近代法における債権の優越的地位」は1925年から1932年に発表された論文を収録したもので、債権論と所有権論がテーマとなっているが、その内容は以下のとおりである。前近代的社会においては、物資を直接支配できる所有権こそ財産権の主役であったが、産業資本主義社会になると、物資は契約によって集積され資本として利用されるようになり、その発達に従い所有権は物資の個性を捨てて自由なものとなり、契約・債権によってその運命が決定される従属的地位しか有しないものとして財産権の主役の座を追われる。これが我妻の説く「債権の優越的地位」であるが、その地位が確立されることにより今度は債権自体が人的要素を捨てて金銭債権として合理化され金融業の発達を促す金融資本主義に至る。我妻は、このような資本主義発展の歴史をドイツにおける私法上の諸制度を引き合いに出して説明し、このような資本主義の発達が今後の日本にも妥当すると予測した。

我妻は、金融資本主義の更なる発達によって合理化が進むと、企業は、人的要素を捨てて自然人に代わる独立の法律関係の主体たる地位を確立し、ついには私的な性格さえ捨てて企業と国家との種々の結合、国際資本と民族資本との絶え間なき摩擦等の問題を産むと予測し、企業論において、会社制度の発展に関する研究によって経済的民主主義の法律的特色を明らかにするはずであったが、その一部を含む後掲『経済再建と統制立法』を上梓したのみで全体像は未完のままとなっている。上掲のとおり我妻の予測は現代社会にそのまま当てはまるものも多く、「近代法における債権の優越的地位」は日本の民法史上不朽の名論文とされている。Wikipedia「我妻栄」より



「近代法における債権の優越的地位」読んでみたいね~。でもアマゾンとかで調べたら、古本で結構な値段がしました。そこまでのモチベーションではなかったということです。残念です。

前近代社会=物資を直接支配できる「所有権」が主役

     ↓

産業資本主義社会=契約による物資の集積(資本化)で物資的個性から自由に=「債権」が優越的な地位=所有権の従属化

     ↓

金融資本主義社会=人的要素の喪失と合理化=法律関係の主体としての企業=私的性格の喪失&国家との結合

コメントの投稿

非公開コメント

ニュース速報ツイッター
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

うちん。

Author:うちん。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
ドメイン取得
バスター
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
楽天
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。